トップページへ戻る

ギャラリーハルジ

exhibition
毎週水曜日 cafeキャトル 喫茶コーナー

多層展望3井関 洋/岩佐 徹/田中千夏 版画展

多層展望3 a multilayer vision

2019|121|日2019|1222|日作家在廊日

open11:00close17:00入場無料
休廊日 | 月 火 |

最終入室は閉廊30分前までにお願いします。
12/22(日)最終日は16:00クローズです。15:30までにご入室されるようお願いいたします。

コンセプト「A multilayer vision 多層展望3」は、2002年に筑波大学大学院修士課程芸術研究科の版画専攻を修了した井関洋、岩佐徹、田中千夏の3人による展覧会です。同級生として在学中より切磋琢磨し、そして現在も、版画はもちろんのこと、それに限らず三者三様の制作、発表を続けています。この展覧会は、2007年と2017年に続き3回目を迎えます。井関、岩佐の木版画、田中の銅版画や水彩画などを展示いたします。
これからも前進し続けるために展覧会を計画しました。自分の現在位置を、そしてそれぞれがどのように変化したのかを確かめ、各自でどのような展望を抱いているのかを再確認したいと考えています。これは、ゆるやかでしっかりとした結びつきがあるからこそ成り立つ目的です。原点とも言える同じ工房の2年間があり、互いを知り、尊敬信頼のうえにたって、しかしそれぞれが違う方向を見て制作をしている。このようなことを測るのに絶好の関係と言えます。このような意味で、そして、年輪のように少しずつでも成長していることを願いつつ、本展を「A multilayer vision 多層展望」と名付けました。
プロフィール井関 洋 (イセキ ヨウ Iseki Yo)
1964年 東京都生まれ、千葉県印西市在住、日本版画協会会員
1989年 期待の新人作家大賞展 奨励賞
1991年 CWAJ海外巡回展(オーストラリア)
1997年 ポーラ美術振興財団在外研修(バンコク)
2000年 個展「天女十二支」(国際交流基金アートギャラリー/バンコク)
2002年 川上澄生美術館木版画大賞展 青木賞
2012年 中華民国国際版画ビエンナーレ(2004年、2008年、2010年)
2018年 個展(OギャラリーUP・S/東京)

版画は多層的な展望を必要とします。
私のやり方は構想を練らずに、直に版木に鉛筆や毛筆で無作為に線を描きまくる、そしてそれを感覚的に彫り進めていきます。こうして作った数枚の版は刷る順序や色彩を変えながら、さまざまなパターンに刷っていきます。これらの試作たちとにらめっこしながら、版の余計な部分をそぎ落としたり、新たな版を付け加えたりして、自分の納得する形に仕上げていきます。


岩佐 徹 (イワサ トオル Iwasa Toru)
1977年 埼玉県生まれ
2013年 鈴木敦子・岩佐徹展 〜清宮質文さまへ(須坂版画美術館/長野県須坂市)
2013年 ART IN TIME & STYLE MIDTOWN VOL.13 岩佐徹 杉浦藍(TIME & STYLE MIDTOWN/六本木)
2015年 輪郭のゆくえ −岩佐徹・遠藤章子−(GALERIE PARIS/横浜)
2016年 岩佐徹木版画展(LIBRE/根津)
2016年 歩く詩人 ワーズワスと芭蕉(柿衞文庫/伊丹)
2019年 間の祭り(常陸国総社宮/茨城県石岡市)

色面と奥行き、この2つが作品のキモです。色は、木版を摺り重ねてつくります。何版か摺り重ね、和紙のなかで、ばれんを使って混ぜ合わせます。摺り重ねてつくった色は、層を重ね、和紙の質感に助けられ、深い色をつくることができます。
そして、奥行きを画面に効かせます。形の遠近法、色の明彩度差、摺り重ねた回数、ゴマやつぶし、ぼかしなどの木版特有の摺り方によって、色面の平面性や凸版の明解さを少し揺さぶります。これらの要素によって画面のなかの押し引きを組み立てるような感覚で制作しています。


田中 千夏 (タナカ チナツ Tanaka Chinatsu)
1975 年 山形県生まれ
1995~2002 年 筑波大学で洋画や版画を学ぶ
1999~2018 年 創作本のグループ展 BookWorms 1~12 を開催 (AKUAKU/つくば、タカシサイトウギャラリー/牛久、かしゃま/笠間)
2019 年 土浦市民ギャラリー企画「アートとブックが出会う場所」に BookWorms として参加
2019 年 個展「大人の絵本と原画展」(RYU GALLERY/富士宮市)

頭の中には私だけが知っている宇宙が広がっていて、そういうものは誰にでもあると思うのですが、それ は目を凝らして見ようとすると全然見えないので、鼻歌まじりに見ていないふりをしてずっと待っている とそのうちに見えてきて、良い絵が描けたりします。 いつも考えているのは、私自身が囚われているいろいろなことから自由になって、肩の力を抜いて鼻歌フ ンフンしながら生きていけたら良いなと。 一見無駄に思えるこのふと湧いた妄想は、独創的で興味深い世界への扉を開いてくれて、いろいろな困っ た事柄を解決する糸口を見出してくれるかもしれないとも思うのです。
版画の切れ端でクリスマスカードを作ろう!

版画の切れ端を使って、作家と一緒にクリスマスカードを作成します。

第1回

開催日

12/1

時 間

13:00~16:00 最終受付15:30

費 用

500円

予 約

不要

Instagram

news&schedule

作家在廊日

12/1(日) 12/7(土) 12/8(日) 12/14(土) 12/21(土) 12/22(日)

EXHIBITION

a multilayer vision 多層展望3
井関洋 岩佐徹 田中千夏 版画展

12/1(日)~12/22(日)

WORKSHOP

12/1(日) 井関洋/岩佐徹/田中千夏 さん達によるworkshopを開催予定。

【版画の切れ端でクリスマスカードをつくろう】
時間:13:00〜16:00
場所:ハルジ展示室
参加費:500円

手ぶらで参加していただけます!

EXHIBITION

junko oishi exhibition
te ra su
銅版画・ドローイング・灯りのオブジェ

2020 1/17(金)~2/6(木)

1/17(金)・1/25(土)・2/2(日)・2/6(木)は夕刻よりキャンドルを灯します。

archive

news&schedule

ギャラリーハルジ

住所

| 284-0001四街道市大日868-3

TEL

| 050-1026-2160

開廊時間

│ 11:00−18:00

休廊日

│ 月曜・火曜

平面図

open→

カフェキャトル

▶http://cafequatre.blog.fc2.com

千葉県佐倉市中志津にあるカフェキャトルの出張カフェです
展示期間中に限り毎週水曜日にオープン致します
(展示期間以外は営業しておりません)